黒ゴマみたいなひざ下、ぶつぶつ足。埋もれ毛があってもひざ下脱毛できる?


足に自信がないとスカートをはきたいと思ってもどこか躊躇してしまい、結局はパンツスタイルに落ち着いてしまう、そんなことありませんか?

足の太さも気になるところではありますが、足のムダ毛もコンプレックスになる大きな要素であると言えます。
女性であれば、ムダ毛のないツルツルな足にしたいと願うものですが、体毛が濃い人の場合、足にも太くて濃い毛が生えてきてしまいます。
このような状態だと、ストッキングを履いても隠すことができません。

ひざ下はエスカレーターに乗っている時や階段を上っている時など、後ろにいる人の目に意外ととまるものであり、他人から見られている場所でもあります。
そのため、世の女性は様々な方法でひざ下のお手入れをしています。

目次

  1. 1:みんな大嫌い、黒ゴマ状態
  2. 2:黒ゴマ卒業には、自己処理をやめることがポイント!
  3. 3:黒ゴマ状態でも、ひざ下脱毛できる?
  4. 4:ひざ下は光による脱毛効果が高く、脱毛の効果を実感しやすい
  5. 5:ビー・エスコートのひざ下脱毛で自己処理フリーな生活を!

 

1:みんな大嫌い、黒ゴマ状態


太い毛や濃い毛をカミソリで剃ると黒くブツブツとした黒ゴマのような状態になってしまいます。
黒ゴマの状態を解消しようとして、今度は毛抜きで残りの毛を毛根から抜こうとすると、毛穴がダメージを受け、炎症を起こしてしまいます。

その結果、ひざ下がブツブツした状態になるだけではなく、埋もれ毛が増えてしまったりと、見た目が非常に悪くなってしまいます。
埋もれ毛が多いと、黒ゴマのようなボツボツとした見た目になってしまいます。
埋もれ毛が気になるたびに無理やりムダ毛を引き抜く人がいますが、これはさらに肌へのダメージを与えるだけであるため、まさに負のサイクルに陥った状態です。

2:黒ゴマ卒業には、自己処理をやめることがポイント!

このようなトラブルを避けるためには、自己処理をやめることがポイントとなります。
自己処理はどうしても肌と処理器具との摩擦が発生してしまいます。
自己処理により、黒ゴマ、ブツブツ、埋もれ毛だけではなく、メラノサイトという肌細胞が刺激を受けることにより、メラニンが生成され、色素沈着を起こすこともあります。
色素沈着を起こすということは日焼けをした時のように肌が黒ずんでくるということであり、一旦黒ずんでしまうと、元の状態に戻すまでにセルフケアが必要となり、時間もかかります。

自己処理をやめて、ひざ下脱毛をすることによりトラブルを回避することができます。

3:黒ゴマ状態でも、ひざ下脱毛できる?


そこで疑問に思うことは、トラブルを抱えた状態でもひざ下脱毛をすることができるのかということです。
自己処理による黒ゴマ、ブツブツなどがあっても基本的にお手入れを受けることができます。

ただし、肌が炎症を起こしているような肌が大きなダメージを受けている場合は、お手入れを断られることがあります。
お手入れを受ける前には脱毛箇所を事前にシェーバーで剃っておくことが求められるサロンがあります。
肌が弱い人はお手入れ直前に処理をすることでカミソリ負けを起こしてしまい肌が赤くなったり、ただれてしまうことがあるため、このような場合は前日までにシェービングするようにしましょう。

またお手入れ前後の日焼けもタブーとなっています。

4:ひざ下は光による脱毛効果が高く、脱毛の効果を実感しやすい

埋もれ毛については、ムダ毛が表面に出ておらず皮膚の下に留まった状態であるため、光を当てても毛が抜け落ちず効果がありません。

そのため、普段から無理な自己処理をせずに埋もれ毛を作らないように十分に気をつけることが大切です。

日焼けをはじめとした肌の炎症のほか、乾燥した状態や飲酒、体調不良、妊娠や授乳中でもお手入れを受けることができないため、自分の体の安全のためにも、しっかり理解して把握しておくことが重要です。
個人差はありますが、ひざ下は脇と同じくムダ毛が多い箇所であり、太く濃い毛が生えている場所でもあります。

そのため、光による脱毛効果が高く、脱毛の効果を実感しやすい箇所だと言えます。
毛周期という毛が生えてくるサイクルに合わせて脱毛をするため、一定の効果を実感できるようになるまでには時間がかかります。

5:ビー・エスコートのひざ下脱毛で自己処理フリーな生活を!

また毛量が多い人はお手入れの回数を多くしないと脱毛の効果を実感することができないため、時間もお金もかかると言えます。

しかしながら、ひざ下のムダ毛がなくなることで、スカートやショートパンツをはいた時に自分に自信を持つことができたり、水着になった時でも毎回お手入れをする必要はなく、自己処理フリーの生活を手に入れることができます。

こういったことを考慮した時に、脱毛しなかった場合の自己処理にかける時間や手間とを比較した場合、脱毛サロンでのお手入れにはお金や時間はかかりますが、それだけの価値や効果があると言えます。

お手入れの時間は短くあっという間に終わってしまいます。
仕事や家事の合間でも続けていくことができ、隙間時間を上手に利用して、ツルツルのひざ下を手に入れることが可能です。
ひざ下脱毛をして、綺麗になりましょう。